専業主婦 銀行カードローン

専業主婦はやはり銀行カードローンかな?

専業主婦もお金を借りたいときはあります。

それも旦那には絶対に内緒にしたい方はきっと多いはずです。
そんな願いがかなえられるのは、銀行カードローンのみです。
内緒で作るには、消費者金融では無理。
ネット銀行でも、メガバンクのホームページからでも簡単にカードローンを作ることができます。

 

消費者金融では、配偶者の年収を利用する配偶者貸付を行っているところもありますが、これには配偶者の同意書が必要になってしまいます。
ですから、内緒は無理です。
レディースローンとして、女性専用だとしても、です。
内緒で申込を勝手にすることはできないのです。

 

同意書は誰かに書いてもらえば?
一応これは違反です。
理由としてはもっと深いもので、配偶者貸付にしてしまうと、夫の貸付も合算になるのです。
消費者金融では年収3分の一が限度額です。
300万円の年収の場合、消費者金融でキャッシングができるのは100万円まで。
それを配偶者貸付にすることで、妻も使えますが、夫と共同で、というのが条件です。
ですから、夫も消費者金融などでの利用がある場合、簡単にバレてしまうということなのです。
誰かに同意書を書いてもらって、夫にバレないとしても、夫が利用をするときにはすぐにバレます。
ですから、必ず夫の同意がなければならないのです。

 

しかし、銀行カードローンは夫は無関係です。
自分名義のカードになりますから、返済さえきちんと行うことでバレることはありません。
郵便物が気になるのならネット銀行で行うのがベストです。

 

レディースローンの形ではないのですが、専業主婦が使えるということで人気です。
特にイオン銀行などは、店舗がスーパーになっています。
お店に行くたびに使えます。
コンビニでも簡単に使えるカードローン、専業主婦にはほしい1枚です。

 

返済に関しては、うまく家計に響かないよう配慮が必要です。
夫の職場などに行くことはありませんが、内緒で作ってしまった場合は、バレないこと、返済が遅れないことは絶対です。
自分で使える自由なお金の範囲内での返済とキャッシングの利用が必要になります。

 

なお、パートなどで働いている方の場合、極端に年収が少ない方はやはり消費者金融のレディースローンの利用はできません。
そのような方も銀行カードローンの専業主婦枠がお勧めです。

専業主婦はやはり銀行カードローンかな?関連ページ

働く女性の味方 レディースローン
レディースローンの魅力は、女性専用のキャッシングができるところです。スタッフ全てが女性であり、何かの問い合わせのときでも、必ず女性が話しを聞いてくれる点が人気です。貸金やキャッシングというと、悪いことをしているわけではないのですが、ごつい男性ではなく、女性の優しい声は安心感があります。
専業主婦の審査って?
専業主婦のキャッシングは迷わず銀行カードローン。それは、専業主婦もOKだからです。審査で、専業主婦の基準がある銀行カードローンでは、限度額が小さなキャッシングが出来ます。収入がないのですが、銀行では作ることができます。審査で問われるのは、過去の信用情報のみです。
ブラック専業主婦はどうしたら良い?
現在は専業主婦として働いていない方でも、銀行カードローンでは審査がうけられます。収入がなくても大丈夫、カードが作れます。ただし無審査ではありません。専業主婦の場合の申告事項は、名前と住所と年齢、そして借入件数です。