専業主婦の審査

専業主婦の審査って?

専業主婦のキャッシングは迷わず銀行カードローン。

それは、専業主婦もOKだからです。
審査で、専業主婦の基準がある銀行カードローンでは、限度額が小さなキャッシングが出来ます。
収入がないのですが、銀行では作ることができます。
審査で問われるのは、過去の信用情報のみです。

 

レディースローンは消費者金融の多い女性専用キャッシングですが、専業主婦の枠は特別にはありません。
最初から専業主婦にはキャッシングができない消費者金融ですから、レディースローンだとしても審査は通らないことになります。
これは収入があることが大原則の消費者金融の決まりです。
ですから、専業主婦でキャッシングは銀行カードローンに限ります。

 

銀行は消費者金融よりも審査は厳しいとされています。
しかし、専業主婦枠のあるキャッシングは、無収入であることは前提で審査が行われます。
それは過去の借金状況だったり、現在の借入です。
もともとあまり限度額が高くない銀行カードローンは、多重債務での申込については厳しいかもしれません。
限度額が20万円程度のカードローンの場合、すでに10万円以上の借入がある状態の審査は厳しいです。

 

銀行カードローンの専業主婦の限度額は金融機関によってまちまちです。
最高は50万円ですが、20万円・30万円といろいろです。
ですから、借り分けに関しては気をつけなくてはならないでしょう。
そして、多重債務については審査は大変、これこそ銀行の審査は厳しいと感じられる部分です。
一応作っておく、そんな方もいますが、専業主婦で何枚もキャッシングのためのカードを持っていることも審査ではマイナスになってしまいます。

 

金融機関では、個人信用情報機関の照会でどんなクレジットカードやカードローンヲ持っているかを把握することができます。
借りていないにしても、持っているだけの専業主婦というのも印象が良くないと言われています。
ただし、配偶者が高所得者の場合は別です。
配偶者が1000万円以上の収入がある場合、しかも個人信用情報機関に金融事故などが全くない場合は、問題がないとされています。
専業主婦は無収入ですが、配偶者の所得によっての審査が変わると言われています。
公表はないものの、このあたりの口コミでは、金持ちの専業主婦はヤッパリ違うということのようです。

専業主婦の審査って?関連ページ

働く女性の味方 レディースローン
レディースローンの魅力は、女性専用のキャッシングができるところです。スタッフ全てが女性であり、何かの問い合わせのときでも、必ず女性が話しを聞いてくれる点が人気です。貸金やキャッシングというと、悪いことをしているわけではないのですが、ごつい男性ではなく、女性の優しい声は安心感があります。
専業主婦はやはり銀行カードローンかな?
専業主婦もお金を借りたいときはあります。それも旦那には絶対に内緒にしたい方はきっと多いはずです。そんな願いがかなえられるのは、銀行カードローンのみです。内緒で作るには、消費者金融では無理。 ネット銀行でも、メガバンクのホームページからでも簡単にカードローンを作ることができます。
ブラック専業主婦はどうしたら良い?
現在は専業主婦として働いていない方でも、銀行カードローンでは審査がうけられます。収入がなくても大丈夫、カードが作れます。ただし無審査ではありません。専業主婦の場合の申告事項は、名前と住所と年齢、そして借入件数です。